主なデメリット


実店舗で購入する場合でも、通販で購入する場合でも、必ず一長一短があります。重要なのはデメリットをあらかじめ知っておき、どのように対処するのかを熟知しておけばよいのです。そこで通販で印鑑を購入するときのデメリットを紹介させていただきます。1つ目は直に店員と話ができないことや、実物を見て選べないことです。店員に聞きたいことがある場合には、通常メールになります。

しかし、電話でも営業時間内であれば話せるので、この点はさほど問題はないでしょう。実物を見て選べない点は対策ができないため、どうしても写真を見て選ぶ必要があります。さらに通販では、手元に届くまでに時間がかかるという点でしょう。これが通販の最大のデメリットだと言えます。最近では届くまでに時間がなるべくかからないように、スピード出荷を行っている業者も出てきました。

スピード出荷というのは、通常よりも早く手元に届くようにするサービスです。通常は注文があった翌日に出荷して、そのさらに翌日に届くという場合が多いでしょう。これでも通販では早い方に分類されます。しかし、当日に出荷を行い、翌日に届くサービスを導入している業者もあるのです。ただし、当日出荷が可能な時間帯が存在しているので、できるだけ早い時間に注文しないといけません。